期間限定に弱い

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声優オタクは期間限定に弱い

声優やアニメを好みます。期間限定のものは買いたくなります

村川梨衣 1st RiELiVE ~梨の季節~ 1日目参加してきたレポ、感想

2017年4月1日品川ステラボールであったりえしょんの1stライブ1日目に行ってきました。

とにかく尊みがやばあったので感想を綴っていきます。

 

 

セトリ

1. Anytime, Anywhere
2. Dreamy Lights
3. Breath
4. レクイエム
5. MaGiK
6. 夜明けの恋
7. Eternal
8. 恋するパレード
9. クリームソーダとエンドロール
10. 戻れない旅
11. ドキドキの風
12. Sweet Sensation
EN1. RiEtion please♡
EN2. Tiny Tiny
EN3. Baby, My First Kiss

入場、前半

ステージにはすでにバンドの機材がありました。

生バンドであの最強アルバムが聞けるのかと興奮が高まりました。

 

 

バックスクリーンはなく、ファンは全員生りえしょんを見ることになってました。

僕の座席は1階のD列38番。ステラボールの座席は最善の二列はSA、SBになっていてその後ろからA,Bと続くのでD列は6列目でした。

J列まであるので半分より少し前のステージの真正面からちょい上手側という位置でした。

 

始まって全員立っても十分りえしょんの姿は見れました。

終始可愛かったです。

 

最初にAnytime,Anywhereのイントロが始まり、りえしょんが登場。

ここで感極まって涙してしまいました。

 

最初はゴシックなメイド(?)な衣装で非常に尊い…

 

どのイベントも最初が一番高まります。

もちろん好きな曲が来た時やクライマックスも良いですが、僕はついに待ちに待ったライブが始まった瞬間が一番胸に来ます。

 

この尊みが深いAnytime,Anywhere、歌詞がアルバムの始まりにもライブの始まりにもふさわしくなっています。

アルバムのリード曲、DreamyLightsで会場を温めて、ここからかっこいい曲が三曲続きました。

Breath、レクイエム、MaGiKでした。

レクイエムは新曲で関係者以外初めて聞けるというとても貴重な披露でした。

まだシングルもタイアップも何も決まっていないみたいで、とりあえず作った曲なようですw

 

中盤

夜明けの恋の後にはなし坊とかおりによる寸劇がありました。

千葉県のゆるキャラ(?)がステージの下でちまちま動いてましたw

梨の季節だけに梨のキャラが登場しましたw

CVは二人共りえしょんが担当していて、裏でアフレコしてました。

 

最初、録音かな?と思ったけどレスポンスを求めたり、会場に反応を拾っていたのでその場でアフレコしていたんだと思います。

 

にも関わらず寸劇が終わると衣装が変わっていました。

 

演技しながら着替えていた!?!?

すごない!??!可能なん??!!

 

ゴシックな衣装からピンクのフリフリのかわいい衣装に変わり、次の曲が始まりました。

Eternal、恋するパレード、クリームソーダとエンドロールでした。

ここの三曲はマイクではなくヘッドセットでダンスしながら踊るパートでした。

 

どれもかわいい振り付けで、一回見たくらいでは全然良さを把握しきれないと感じました。

映像化はよ~~~

特にクリームソーダとエンドロールの腕を上下に振る振り付けが好きです。

 

恋するパレードのぴょこぴょこしていたのも本当に可愛みすごすぎました。

 

終盤アンコール

マイクを取りに行って、戻れない旅、ドキドキの風を披露。

ドキドキの風でもっと歓声があがるのかと思いきや控えめでした。

 

SeetSensationの前にりえしょんのMCでかなりもったいぶりながら次の曲が最後ということが告げられました。

えっベビマイがまだなのにラストでSS!?と僕は焦りました。

ベビマイが一番好きなのでまさか歌わないのはショックとビビってました。

 

ここまでコール入れれるような曲が無かったからか、慣れないコールがちらほら聞こえてきました。

SeetSensationは唯一コール入れやすい曲かもしれませんね。

 

一旦ここでりえしょんがはけて、アンコールコール

しばらくして着替えたりえしょんが登場。

 

なんとアンコール一曲目はりえぷりのテーマ曲RiEtion please♡でした。

イントロが始まって火曜夜11時の気分になりました。

1年ほど前からりえしょんのラジオりえぷりのテーマになりましたが、こうして披露するのは(おそらく)初めてだそうです。

 

そして春アニメの「フレームアームズガール」の主題歌「TinyTiny」を披露。

もちろん初披露でフルで聞けました。

いや~得した気分です。

 

惜しみつつ、ついに最後のBaby, My First Kissです。

みんなで歌って終わりましょうとりえしょん。

 

今まで意識してなかったのですが、この曲、めっちゃエンディグっぽい!!

高いキーながらもみんなで歌ってラストを飾りました。

この時りえしょんはイヤモニをとってみんなの声を聞いてくれてて最高かよ~やばみ~って感じでした。

 

 総評 やさしいりえぷりすた 物販

りえしょんのファンの方は前から秩序を守っていい人ばかりだとりえしょんが言っていましたがすごく実感しました。

 

会場へたどり着けるか心配とメールを送ったリスナーが居たことから、前日から会場の行き方のツイートをしてくれるりえぷりすたがいました。

 

このツイートのお陰でややこしい会場に方向音痴の僕もたどり着けました。

本当にありがとう!

 

そのツイートを拡散してくれるみんなのやさしみもすごあるな~

 

物販は僕は会場に4時半に着いたのですが、Tシャツ以外は残ってました。

もとから買うつもりだったパーカーとトートバックを買えました。

 

パーカーの生地はしっかりしていて防寒もバッチリでした。

ただ、普段Mサイズでぴったりな僕にはこのパーカーのMサイズは少し大きめでした。

Sで良かったな~

黒に金色の文字で胸に梨のロゴと後ろに「rietion」と綴られていました。

目立たない色合いなので普段使いバッチリです。

(黒に金色って某部族みたいな色合い・・・)

 

トートバックは全面に素数が大きくかかれたオシャレなアイテムになってます。

青の字でかわいいフォントなので気に入ってます。

翌日にこれに財布だけ入れてアキバをうろついてました。

 

村川梨衣という音楽のジャンル

ライブの印象はとにかくりえしょんの色が強くて歌もトークもずっとりえしょんでした。

RiEMUSiCというアルバム名でしたが、本当に村川梨衣という音楽のジャンルを見てきたという印象でした。

インタビューでも村川梨衣というジャンルを作りたいと話していましたが、今回のライブで存分に実現できたと僕は感じました。

 

どのジャンルにも属さず、村川梨衣にしか表現できない音楽だったと思います。

 

他の人が歌ってもこんなに感動しないと思うし、村川梨衣しかこの素晴らしさを表現出来ないと感じました。

 

新曲きけたらいいな~と思ってたのが二曲も未発表曲聞けるなんてビックリだしアルバム全曲やってくれてお腹いっぱいでした。

 

(欲を言えばキャラソンもやってほしかった・・・)

 

セカンドライブ、セカンドアルバムの発表はまだですが、3rdシングル「Tiny Tiny/水色のFantasy」が5月17日発売です。

リリースイベントも随時していくみたいですのでチェック!

 

 

りえしょん1stライブレポ、感想でした。

 

 

 

【スポンサーリンク】