期間限定に弱い

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声優オタクは期間限定に弱い

声優やアニメを好みます。期間限定のものは買いたくなります

けものフレンズの闇は深くなかった 最終回を迎えて考察の答え合わせ

けものフレンズの最終回をついに迎えてしまいました。

3~4話で一気に話題になり、フレンズ語などが流行し、社会現象になりました。

家で取っている経済新聞にも一面で取り上げられていました。

 

徐々に情報が小出しにされて、この世界の設定と謎が解けていく感じの脚本、構成がすばらしかったですね。

この構成のおかげでネットでいろんな意見が出て、話題をさらって行ったのだと思います。

 

これまでの伏線と意味深な発言をおさらいしてどのようなことだったのか、まとめていこうと思います。

 

 

 セルリアンの正体

 

10話で明らかになりました。

無機物にサンドスターが触れるとセルリアンになります。

 

動物にサンドスターが触れるとその動物のフレンズになります。

 

 

サンドスターの供給が追いつかないと自滅します。

11話のリカオンが言っていました。

サンドスター

f:id:limited_time:20170331224940p:plain

 

山から噴出する不思議な粒子

 

これが触れたものによって変化します。

サンドスターロー

山からサンドスターと一緒に出ている黒い粒子です。

 

11話でボスがサンドスターローの濃度が高くなっていると警告していました。

 これを吸収して超大型セルリアンが生まれました。

f:id:limited_time:20170331225959p:plain

 

サンドスターローを吸収して大きくなっていきます。

f:id:limited_time:20170331222651p:plain

 

超巨大セルリアン(アニメのラスボス)

四神

f:id:limited_time:20170331230459p:plain

 

 ミライさんが大切なものが埋蔵されていると言っていました。

四神のことでした。

東西南北に4つ埋められていて板のようなものです。

 

貴重な場所すなわち山の火口付近に埋まっていました。

サンドスターローの粒子をフィルタリングするために必要です。

 

このおかげでサンドスターローが飛び出すのを防ぎ、セルリアンの巨大化を防ぎました。

しかし十分に大きくなってしまったセルリアンでした。

かばんちゃんの正体

f:id:limited_time:20170331224659p:plain

 

かばんちゃんはミライさんの帽子についていた髪の毛がフレンズ化したものでした。

アライさんが拾った帽子にサンドスターがあたり、かばんちゃんが生まれました。

アライさんは帽子を取られたと勘違いしてかばんちゃんを追いかけていました。

フレンズ化

フレンズ化にはいろいろあり、体の一部に触れると復元してフレンズになります。

他にもデータだけでフレンズ化できることもわかっており、ツチノコがこれにあたります。

 

セルリアンに食べられたりパークから出ると元の動物に戻ってしまいます。

野性解放

f:id:limited_time:20170331224143p:plain

 

ライオンが決闘の時に本気を出して目が光っていました。

サンドスターも散っていました。

この状態が野性解放で、最終回ではかせたちも野性解放して目が光り、サンドスターを散らしていました。

フレンズ化しても野生の時を思い出して強くなるといった具合でしょうか。

アプリ版でもこの用語はありました。

人の行方

7話のはかせによって人類は滅亡していることがわかりました。

 

12話でミライさんの録音では隊員は全員パークを脱出することになりましたと言っています。

そのあと人類が絶滅したのか、パークの外ではまだ存在しているのかは不明です。

ラッキービーストの正体

 パークガイドロボットでした。

お客さんを守るために誘導するのが仕事です。

 

普段はフレンズには会話しませんが、人類を守るためなら緊急事態に話します。

ボス、ミライさんの声優

最終回のEDで

ミライ 内田彩

サーバル 野中藍

ラッキービースト ミライ

 

となっていました。

ミライさんの髪から生まれたのがかばんちゃんなので声優を同じだったんですね。

もし最終回までで「???」じゃなかったら盛大なネタバレになっていました。

野中藍さんはアプリ版のサーバルの担当でした。

ボス(ラッキービースト)はミライさんと書かれていました。つまり内田彩さんですね。

カタコトの喋りもミライさんの録音の声も同じ人だったんですね。

 

 

ちなみに余談ですが

アミメキリンも野中藍でした

最後に声だけ登場するマイルカも尾崎由香です。

 

キョウシュウちほー、ゴコクちほー

12話の最後でかばんちゃんが見えた島についてボスが説明しています。

今いるのはキョウシュウちほーで海の向こうに見えた島がゴコクちほーと言っています。

ボスの管轄ではないけど、今もフレンズがいるかもしれないと言っていました。

 

考察班はこれについては

九州地方をもじって「キョウシュウちほー」

四国地方をもじって「ゴコクちほー」

ではないかという説が濃厚です。

 

 

 

 

つづく

 最後にサーバルちゃんが追いかけるシーンで「つづく」の文字が隠れていました。

これは2期ということなのでしょうか。OVAでもいいからもっと三人の冒険をみたいですね。

 

 

まとめ

 ニコ生で圧倒的来場者数、コメント数を誇ったり、さまざまな社会現象を引き起こしたけものフレンズですが、最終回を迎えてしまいました。

最初は子供向けアニメだと思って油断していると、人がいなくなった世界という設定や、サーバルちゃん、かばんちゃんが食べられたりシリアス展開でハラハラしました。

 

ここまで1話と最終回の視聴率の違うアニメは他にないのでは無いでしょうか。

1話では不安になるCG棒読みの声優内容のないゆるゆるした世界観でここまで流行ると予想できた人はいなかったでしょう。

 

制作側ですらここまでの反響に驚いているようで、この要因にあるのはやはりネットの力だと思います。

ツイッターでの実況でトレンドがけものフレンズ一色になることもありましたし、何よりフレンズ語の流行で、「わーい」「すごーい」と呟いている人が増えたことが何よりの宣伝効果になったと考えられます。

 

絶妙に情報を小出しにしていくいわゆる「アライさんパート」から考察が捗りました。

あのパートがあったお陰でいろんなことを考察する余地があったように思えます。

 

今期の圧倒的覇権アニメけものフレンズについての記事でした。

 

画像はすべて©けものフレンズプロジェクト/KFPAから

 

 

過去けものフレンズ記事

 

www.limitedtime.link

 

 

www.limitedtime.link

 

 

www.limitedtime.link

 

 

www.limitedtime.link

 

 

www.limitedtime.link

 

 

www.limitedtime.link

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】